インビザラインの治療の流れ

治療はどう進むの?

「マウスピース矯正は、どんな風に治療が進むの?」「他の矯正方法と違いはあるの?」
そんな皆さまの疑問にお応えするため、マウスピース矯正の治療の流れを詳しくご紹介します。

01

相談

神戸元町の玉川歯科インビザライン研究所

患者様のお口の悩み、治療の要望、ライフスタイルについてお聞きします。
インビザラインのメリット、留意点、他の治療法との違いなどを詳しく説明します。

02

精密検査

精密検査

インビザラインについてよく理解して治療方針に合意し、 治療を希望される場合は、次の精密検査に進みます。
レントゲン撮影や口腔内写真撮影、お口の歯型を精密に採取できる「PVS印象」などを行います。

03

3D画像化治療計画~装置の製造

神戸元町の玉川歯科インビザライン研究所 神戸元町の玉川歯科インビザライン研究所 神戸元町の玉川歯科インビザライン研究所

矯正歯科医院で採取した歯型(PSV印象)やレントゲン写真、口腔内写真などのデータは、
アライナー(矯正装置)を製造する米国アライン・テクノロジー社へ送ります。

歯の移動を3D動画化

日本から送られた患者様の歯型はCTスキャンで3Dデータ化して、患者様のお口の様子としてコンピューター上に再現します。
その後独自のソフト(クリンチェック・ソフトウェア)で治療完了までの歯の動きを3D動画で再現します。

担当医のチェック承認後、一括製造

主治医は患者様の治療開始時の歯牙の状態、治療終了後の状態、歯牙移動の途中経過など、
すべての治療ステージの確認と必要に応じて修正の指示を行い、承認します。
その後主治医の治療計画の内容に基づいて、治療完了までのアライナー(矯正装置)が一括製造されます。

04

治療開始

インビザライン治療開始

アライナー(矯正装置)がクリニックに届いたら、いよいよ治療スタートです。
装置の着け方、装着時間、使用上の注意点など主治医がしっかり説明いたします。
通常は1週間ごとに患者様で新しいアライナー(矯正装置)に交換していただきます。
治療中は歯の移動が計画どおり進んでいるか確認するため、4週間~6週間ごとに通院します。

05

治療終了!保定期間へ

治療終了!保定期間へ

歯並びが整ったら、一定期間は保定装置を装着して元の歯並びに後戻りするのを防ぎます。

Point

矯正治療は良い歯並びを手に入れるための治療で、本来は何も恥ずかしいものではありません。
けれども・・・歯並びを良くしたいと思っていても、歯列矯正に対して「不自由」「怖い」といったイメージが先に立って、治療を躊躇している方が多いことも現実です。
インビザラインはそれらを改善した治療法だと云えます。

pagetop